寝るだけで若返る事はある?

寝るだけで若返る事はある?

寝るだけで若返ることを可能にすることができます。寝るだけで若返るには成長ホルモンが重要なポイントです。成長ホルモンは大人も分泌されるもので大人になって成長ホルモンが分泌されるとアンチエイジングに有効です。

効果は若返るだけではなく、代謝促進、糖質代謝を促して糖化抑制、体脂肪の増加を防ぐ、免疫機能正常化、シワの予防、記憶力アップなどが期待できます。

成長ホルモンを分泌させるためには、22〜23時頃には寝たり、毎朝決まった時間に起きることや日中は活動的に過ごしたり、寝る前はスマートフォンなどからブルーライトを浴びないようにしたり、睡眠環境を整えることなどが大切です。

睡眠不足は肌バリア機能を低下させたり、肌の弾力がなくなることもあります。質の良い睡眠をとり成長ホルモンを増やすことで肌の修復を促すこともできるので寝るだけで若返ることは可能です。

睡眠不足が老化を招く事もある?

睡眠不足が老化を招く事もある?

睡眠不足は脳に重大な影響を与えると言われていまして、寝ることによって老廃物や有害物質を洗い流してくれます。

そして、次の日に目覚めると脳はスッキリすると言われています。

長期的な睡眠不足は脳の縮小と関連しており、認知能力に大きな影響を与えてきますから老化を招く事態になってしまいます。

認知機能の低下はアルツハイマー病と大きく関係していますので睡眠をしっかりと取ることは大切です。

認知能力以外にも睡眠が不足することによって免疫力が落ちたり、成長ホルモンの分泌が減少したりして生活習慣病やうつ病が発症するリスクが溜まるとも言われています。

これらの病気は身体に大きな影響を与えて、生活の質を下げてしまいますから老化を招いていると言えるでしょう。

若返りホルモンは簡単に作れる?

若返りホルモンは簡単に作れる?

人の体内には100種類以上ものホルモンがあり、その中でも老化防止、若さの維持に働きかけるホルモンをアンチエイジング、若返りホルモンと呼んでいます。

一般的に知られているのが、女性ホルモンのエストロゲン、男性ホルモンのテストステロンがあります。他にも、身長を伸ばすことで知られる成長ホルモンなどもその一つです。

これらのホルモンも加齢にともない自然に分泌量が減ってきますが、さらに運動不足や睡眠不足、偏食、過食、ストレスなどの要因にも大きく影響を受けます。

そのため、このような生活習慣を見直すだけで、簡単に若返りホルモンを作れるようになります。若返りホルモンの分泌力は、日常の適切な運動、食事、睡眠の心がけで決まると言えます。