睡眠不足の原因は何?

睡眠不足の原因は何?

睡眠不足とは、十分に睡眠時間が確保できなかったり、睡眠の質が下がっている状態のことを指します。睡眠は、身体と脳を休息させて、回復させる大事な役割を行っています。

睡眠不足の原因には、ストレスの影響が挙げられます。過度のストレスを受け続けていると、身体と脳がずっと働き続けている状態になり、床についても脳が休息しない状態に陥ります。

過度の疲労や体調不良なども寝付きにくい原因となります。また、不規則な生活習慣も自律神経が乱れてしまい、睡眠不足を起こしやすくなります。

睡眠不足に陥ると、日常生活に支障をきたし、身体に様々な不調が出ます。肌荒れなど美容面はもちろんのこと、仕事などにも影響が出てしまいます。

自分自身が最近しっかりと睡眠がとれていないと感じた場合は、原因を把握して十分な睡眠を取れるように心がける必要があります。

自律神経の乱れから睡眠不足になる?

自律神経の乱れから睡眠不足になる?

睡眠不足になる原因についてはいくつか考えられていますが、そのうちの一つに自律神経の乱れがあります。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類がありますが、このうち眠るときにおいて機能するはずである副交感神経は加齢とともに機能が落ちてしまいます。

昼間の活動のときに機能する交感神経は眠るときにはその働きを抑えて副交感神経が優位にならなければいけません。

この機能が加齢やストレスなど様々な原因で衰えることで自律神経が乱れて睡眠不足を引き起こすとされています。

逆に、自律神経さえしっかりと整えることができれば眠りの質が高められ快適な睡眠を得ることができるということでもあります。

食事面ではバランスの良い食事を心がけておき、眠るときにおいては交感神経を機能させないようにリラックスさせておくことが大事といえるでしょう。

気象の乱れで睡眠不足になる?

気象の乱れで睡眠不足になる?

気象環境は想像以上に私たちの暮らしに影響を与えます。梅雨や真夏日などの分かりやすい気象の変化以外に、例えば目に見えない低気圧や寒暖の激しい乱れなども人体に大きな悪影響を及ぼします。

睡眠不足の原因になる事も多いです。特に元々気圧の変化に敏感な方は突然訪れる低気圧で、なんとなく気分が悪くなったり情緒不安定になります。気象の乱れによる微妙なストレスが、就寝時まで残る方もいます。

また秋冬は前日との寒暖差が激しくなりやすく、前日に比べて突然冷え込んだ日は身体が気温変化に上手く対応できず、自律神経が乱れます。

自律神経の乱れもまた睡眠不足の原因となり、前日の平均気温との差が五度を超えると、多くの方々が気象の乱れが原因で体調不良に見舞われます。