白髪になりやすい人の特徴

白髪になりやすい人の特徴

白髪になりやすい人にはいくつか特徴があります。まずは加齢です。これは年齢を重ねるごとに体内にあるメラニンを生成するのに欠かせない酵素が減少していき、その結果白髪が増えてしまいます。

また遺伝も影響している可能性があります。さらに体の血流が悪い人も白髪になりやすいといわれています。

その理由は血流が悪いと頭皮の細胞までしっかりと充分に栄養が行き渡る事がない為、髪の毛が充分に育たず白髪になってしまいます。

血流をよくするには睡眠を良くとり適度に運動をし、ストレスを溜め込まない事が大切です。

他にも食生活が乱れていると白髪になりやすいです。健康的な髪の毛を作るにはミネラルやビタミン、アミノ酸などが含まれる食品を積極的に摂取すると良いです。

白髪になりにくい人の特徴

白髪になりにくい人の特徴

40歳を超えた頃から白髪が目立つのようになる人が多いため、これは加齢のために仕方がないことと諦めているかもしれません。

ところが、ほとんど白髪がない人、あるいはなりにくい人もいるのも事実です。これはどういうことなのでしょう。

白髪になりやすい人となりにくい人がいる原因を考える場合、そもそもなぜ黒い髪が白くなるのか、そのメカニズムを考えてみる必要があります。

今わかっているのは、髪の毛の黒色のもととなっているメラニン色素を作る色素細胞の幹細胞の働きが低下すると、髪の毛は白くなってしまうということです。

加齢の他にも、ストレスや栄養不足、先天性が原因となる場合もあります。このような中からわかる白髪になりにくい人の特徴の一つは、ストレスを溜めず、いつもしっかりと栄養をとっている人です。

白髪は遺伝でなるのか?

白髪は遺伝でなるのか?

白髪の原因は諸説ありますが、メラニン色素が関係しているようです。美白医薬品を採りすぎると過剰にメラニン色素を刺激するので白髪になりやすくなるという説もあります。

ストレスで増えてしまうということもありますので過剰に気にしすぎるのも良くないかもしれません。また、遺伝という可能性もあります。

日本人で、黒髪で固く若い頃から白髪になりやすく、30代から生えている人と、茶色で柔らかく白髪になりにくい毛質の人の子供は、前者に毛質が似ている子供が早くから白髪になるという結果がでています。

そして後者に毛質が似ている子供は50代になっても生えてこなかったという例があります。体質や毛質も遺伝するので、早くから生えてくる人と遅い人と個人差が出るのでしょう。