白髪になるメカニズム

白髪になるメカニズム

白髪は男女を問わず頭髪に関する大きな悩みのひとつです。若いのに白髪が多い人、突然白髪が増えた人、全体的に白くなる人、部分的に白くなる人など様々です。

どのようなメカニズムが働いているのでしょうか。そして効果的な予防法はあるのでしょうか。

髪はメラニンという色素によって色づけられています。何らかの要因でメラニン色素が生成されなくなると、髪は色を失い白くなります。

主な原因は「加齢」「遺伝的要因」「ストレス・その他」に分けられます。加齢による白髪は老化現象のひとつで、齢の高い人ほど白髪の人が多いことからも加齢の影響は否定できないでしょう。

また、一定の年齢になれば誰でも髪が白くなるわけではなく、個人差が非常に大きいのも特徴のひとつで、この差を生むのが遺伝的要因とされています。このほか精神的なストレス、栄養の偏り、薬の副作用なども原因となります。

そもそも何故髪は黒色なのか?

そもそも何故髪は黒色なのか?

髪の毛が黒いのは何故かというと、髪に含まれているメラニン色素が原因と言われています。髪の毛が作られるのは毛乳頭です。

毛乳頭は毛母細胞から栄養をもらって髪の毛を作っていきますが、その作る組織でメラニン色素も作られます。元々メラニン自体は人間の体内に存在しているのですが、紫外線を沢山浴びると肌を黒くしてしまいます。

日焼けをすると増殖し肌を黒くする色素であるメラニン色素が日本人には沢山含まれている為に黒くなります。

一方でヨーロッパやアメリカの白人はメラニン色素の量が非常に少ない為に金髪になったりします。もっといってしまえばDNAによってすでに日本人は黒くなるように決まっているからともいう事が出来ます。

海沿いは白髪少ないって本当?

海沿いは白髪少ないって本当?

人間の髪の毛の本当の色というものは白というか透明なのですが、髪の毛が生える瞬間にメラニン色素を得る為に黒くなっているのです。

ですから、白髪の原因は加齢などの様々な要因でメラニン色素が少なくなり、本来の白というか透明に戻るという感じなのです。

海沿いだと白髪が少なくなると考えられる一番の要因は、暑い日差しの影響でメラニン色素の色が濃くなり、肌が黒くなる事がある為に髪にも一定の影響があると考える人が多い為です。

確かに紫外線により、肌の色は黒くなるのですが、髪に対しては同じ様な効果は得られない上に赤茶けてしまうので注意が必要です。ですから、白髪を防ぐ為に一番大事な事は健康に配慮した生活をきちんと送る事になる訳です。