白髪を抜いてはいけない理由

白髪を抜いてはいけない理由

鏡を見るたびに白髪が気になりませんか。定期的におしゃれ染めをしても、気が付けば生え際が白くなってきます。

白いものを見つけるたびに、つい抜いてしまいませんか。実は、白髪は抜くより切るのが正解です。

白髪を抜いてはいけない理由はふたつあります。まず、ひとつは抜くことで頭皮を傷つけたり、髪が生えてこなくなったりと言った症状が現れるからです。

昔から「白髪を抜くと増える」と言われていますが、これには科学的根拠はありません。しかし、髪の毛はひとつの毛穴から数本生えています。

1本を無理に抜くことで、頭皮を刺激し隣の髪の毛にも悪影響を与えてしまう恐れがあります

もうひとつの理由は、抜いても根本的な解決にはならないからです。「抜くと黒髪が生えてくるかも」と期待するかもしれません。

しかし、抜いても毛穴からはまた白髪が生えてくるだけです。

白髪を放っておくとどうなる?

白髪を放っておくとどうなる?

白髪は放っておくとどうなるのか気になるという方も多いですが、放置しても白髪は改善する可能性は低いとされています。

白髪になってしまう理由は様々なものがあり、主な原因としては遺伝や髪の毛に必要な栄養素が足りていないためとなります。

遺伝の場合は染める以外に方法はありませんが、偏った食事をしているという場合は髪の毛に必要な栄養素が足りていない可能性が高いため、普段の食生活を改善することで白髪を改善させることができます。

食事以外にも血行不良が原因の場合もあり、血行不良になってしまうと髪の毛に栄養が行きわたらなくなり、健康な髪の毛が育たなくなってしまいます。血行不良を治すためには定期的な運動や半身浴などを行うようにしましょう。

白髪を抜くとハゲる?

白髪を抜くとハゲる?

白髪を抜くとハゲるといった噂がありますが、科学的根拠は一切ありません。

迷信の類になりまして毛を抜くと一時的に数は少なくなりますが、毛根が破壊されていない限りまた同じ状態に戻ります。

もちろん白髪を抜いた時に毛根が破壊されたり、頭皮が傷ついたりすれば次から生えて来なくなる可能性が高まりますので結果的にハゲるかもしれません。

毛根がしっかりしている限りは生えてきますので問題ありませんが、髪の毛が伸びるスピードはとてもゆっくりなのでハゲてしまったのではないかと錯覚することはあります。

基本的に無理に白髪を抜くと毛根や頭皮にダメージを与えてしまいますから、なるべく抜かないようにしておくことが薄毛を回避できる方法です。